問題解決に動いたら無知が露見することもある

「Aさん、Bさん、Cさんは○○できるようになりましょう」

○○できる人が乏しい状態を解決するための一言ですが、場合によっては信頼を失う一言です。

A・B・C全員が○○できない場合→問題ありません。

A・B・Cの少なくとも1人が○○できる場合→状況を把握せず先走ったことが露見して○○できる人の信頼を損ないます。

解決策は「指示・提案ではなく相談からはじめる」でしょうか。自分もついついしてしまいそうなので、ここに記録しておきたいと思います。