ニュースの感想『18歳以下の75%が自宅感染 夏休み影響 9月は「学校」増加』(毎日新聞)

毎日新聞に次の記事がありました。文章に嘘はありませんが、見出しと記者の考察に違和感を感じます。

『18歳以下の75%が自宅感染 夏休み影響 9月は「学校」増加』(毎日新聞

記事中で年齢と割合に触れた段落は3つです。順に見ていきます。

 感染者の情報が入力されているシステム「HER―SYS(ハーシス)」を利用し、8月1日~9月13日のデータを集計した。3~18歳の感染者は計10万2759人。うち感染場所が特定できた1万5619人を分析すると、自宅での感染割合が最も高く、75・1%の1万1724人だった。保育園など福祉施設を利用する3~5歳の幼児を除き、6~18歳の児童・生徒らは年齢が上がるほど学校などでの感染割合が高くなっていた。

省略された情報を追加して箇条書きにすると次の通りです。文章に偽りはないですが、太字のように感染場所不明の人数・割合がないので自宅感染の割合が強調されています。

  • 集計期間は8月1日~9月13日。
  • 記事の対象は3~18歳の感染者102,759人(100%感染者)。
  • 感染場所特定は15,619人(15%感染者)。
  • 感染場所不明は87140人(85%感染者、100%感染場所特定者)
  • 感染場所特定(15%)のうち、自宅での感染は1,1724人(75%感染場所特定者、11%感染者
  • 6~18歳の児童・生徒は年齢が上がるほど学校での感染割合が増加した(感染者中・感染場所特定者中は不明)。

 一方、夏休みが明けた9月に入り、学校や福祉施設での感染割合が増加。8月の3~5歳の感染者計2265人のうち、福祉施設での感染者は9・8%の223人だったが、9月は13・6%の101人が感染した。6~12歳、13~15歳の児童・生徒も学校などでの感染割合が高くなっていた。

先程のデータに9月が含まれており、どこからが一方なのかが不明瞭です。

自宅での感染者が7割を超えた理由について、コロナ対策を担当する内閣官房佐々木健内閣審議官は「夏休みの影響がある」と推測した。

この記事からは「感染が特定できている範囲で」のような限定の有無が確認できません。

次のような見出しだったら違和感は少なかったと思います。

『18歳以下の感染場所特定者は75%が自宅感染 夏休み影響 9月は「学校」増加』

曖昧な文章は自分もよく書いてしまうのですが、人数や期間といった細かな数値を扱う際は正確に理解することを意識したいです。自分で図表をかければ上出来かなと思っています。

最後にYahoo!ニュースのリンクです。そのうち記事が消えます。